小正月は小豆粥をいただきます!

20170115

1月も半ばになりました。月日の経つのは早いですね~
昨日からの‘寒波到来’で、安曇野も一面の銀世界です。
毎年この時期にはドカンと大雪が降って
雪片付けにおわれて大変ですが、
今年もやっぱり降りましたね~!

昔から、小正月には小豆の入ったお粥を食べて
一年間の無病息災を祈る風習があると言われます。

センター試験を受けている受験生も
雪が降ると元気に雪遊びをする子どもたちも
お相撲を観るのが楽しみなお年寄りも
今日は小豆粥を食べて、
この一年健康に過ごしてほしいですね!(^^)!

新年明けましておめでとうございます

20170109

2017年がスタートしました。
と思ったら、もう9日経ってしまいましたね。
早いものです・・・(^_-)-☆

年末年始はお天気も良くて、帰省するにも、初詣に行くにも
出かけるのにはとっても良かったですよね~。
中には、年末の仕事の追い込み疲れを癒すのに
家での~んびり過ごした方もいたかもしれません。

初詣に行って、お年玉をもらって、
初夢をみて、お書初めをして、
松を下して、鏡開きをし、七草粥を食べたら
ここ安曇野の子供たちは‘三九郎’とか‘どんど焼き’をして
今年の無病息災を願って、本格的にまた一年が始まります。

今年も皆さん平和でありますように!!

クリスマスがやってきます

20161223

今週末は子どもたちも楽しみにしているクリスマス!
おもちゃ屋さんやデパートは、いつもより心なしか
大勢のお客様でいっぱいです。

先日、国営アルプスあづみの公園のイルミネーションを見に行ってきました!
閉館間際に飛び込んだので、ゆっくり見られなかったのは残念ですが
凛とした冷たい空気の中
小さなお子さん連れや年配のご夫婦、
若者たちの集団や、カップル・・・
行きかう人は一様にみんな幸せそうでした。
週末の20時からは花火があがって、
ますますロマンチックな夜になりそうです(^.^)

はてさて、我が家にはサンタクロースが来てくれるかしら・・・

干し柿完成です

20161217干し柿

先日、見よう見まねで作った干し柿が
ついに完成イタシました~!

柿を干してから一週間
柿の表面が乾いたころ、指先で優しく揉むこと数回
徐々に繊維が壊れ、柔らかい干し柿になってきました。
更に風通しの良い場所で、根気よく干すことによって
柿が乾燥し、渋みが抜け、甘~い干し柿になりました。
紐から外し、お菓子箱に並べラップをかけて涼しい場所に放置。

数日すると、イイ感じに完成していました。

干し柿には食物繊維やミネラル、ビタミンBが豊富なため
風邪予防には最適な食品とも言われているようです。

今回は、干し柿を開いてクリームチーズを芯に
クルリと巻いたお酒のおつまみと
大根と三つ葉に干し柿を切って加え、甘酢で和えた小鉢を
作ってみました。

お正月には、
今年一年「繰り回し良く」とか「かき回し良く」などと縁起物として
栗や柿をお茶菓子に、家族そろってコタツでお茶を飲む・・・
そんな文化や風習は今ではもう見られないのでしょうか?

野沢菜が漬かりました

20161210野沢菜

安曇野の食卓に冬の定番ともいえる野沢菜漬け。
今年もつい先日、漬け込みが終わり
水が上がったので、ちょっと早いですが
桶から出してみました。

野沢菜の漬け方は、家それぞれで違うので
‘我が家の味’を持ち寄って食べ比べるのも楽しいですよね~

本当は昔ながらの木の桶で漬けた野沢菜は
桶の風味も相馬って、なおさら美味しく感じられるのですが
今はポリの桶とビニール袋に漬け込むのが定番のようです。

塩分控えめに漬け込むためか、
温暖化で昔より冬の冷え込みが少ないせいか、
お正月まで美味しさが保てるかが心配なところです(^_^;)