西洋かりん・・・マルメロ

20171028

朝夕の冷え込みが随分厳しくなってまいりました。
朝霧の深い日が続き通勤、通学時は最も気を付けたいものです。

10月もあと数日というのに
また台風が接近してきそうな天気予報で
“秋晴れに安曇野の紅葉スポットを観に行こう”という
想いも、どうやら実現しそうにありません (*´ω`*)

寒暖の差が激しくなったり
寒さ対策で暖房器具を使ったりすると
空気の乾燥により、風邪をひきやすくなりますね。

今日は西洋かりんで「かりんシロップ煮」と「かりんジャム」を
作ってみました。
安曇野で見かけるのは、うぶ毛のついた西洋かりん“マルメロ”が
ほとんどですが、果皮が明るい黄色で良い香りに
つい、生で食べてみたくなります。
ところが期待とは反対に
渋味とエグ味で、とてもとても食べられません。

お店でマルメロを見つけたら
シロップ煮やジャムを作って、冷蔵庫にストックし
風邪気味の時、咳が出たり喉の痛みのある時に
温めたミルクに溶かして飲んでみてください。

風邪は引き初めが肝心ですね。
是非お試しください(*^-^*)

このページの先頭へ