安曇野の麦秋

20170613

1月末には、まだ雪に埋もれて地面に顔をのぞかせ
青々とした麦の筋も
気が付けば、すっかり黄金色に輝く田んぼになっています。

「麦秋」
麦の穂が実り、収穫期を迎えた6月初旬、初夏の頃・・・
と、一番気持ちの良い季節を迎えたと
思っていたところなのですが
先週末には「関東地方の梅雨入り宣言」です(-_-;)

ここ数日、朝晩寒いくらいの妙な陽気に
身体も戸惑ってしまいますが
昼間の暑い日差しには、まだまだ初夏を思わせ
気持ち良ささえ感じさせてくれます。

夕方の帰宅道
常念岳の向こう側へ
静かに身を潜めようとする太陽の光と
日中の暑さを涼めてくれる、爽やかな涼風の中で
ゆらりゆらりと身を任せてなびく麦の穂は
輝く、宝石のように見えました。

収穫はまだ終わらないものの、梅雨の季節に入りましたが
ひと月も過ぎると
ギッラギラの太陽に変わりますよ♪♪

このページの先頭へ