冬の田んぼ

20170207

このところの太陽の暖かい日差しに、思わず気持ちも
緩んでいましたのに、今朝は一面薄っすらと雪景色です。
昨夜遅くから明け方にかけて、チラホラ降った雪は辺りを
また寒々しく映していました。

日中のお日様のお蔭ですっかり雪が解け、散歩の足をふと止めると
田んぼには、たくましく育っている‘麦の葉’が青々と姿を見せていました。

1月~2月頃、早春の寒い時期に麦の芽を踏む「麦踏み」作業。
麦を踏むことで、茎が太くなって、風で倒れなくなり、さらに分枝も
多く出て、強くて丈夫な麦になるのだとか・・・
昔は家族総出で列になり麦を踏む風景がありましたが
近頃は、ローラー付きのトラクターのお蔭で
一気に作業は終了します。

寒い雪の下でもたくましく根を張り、踏まれてもなお丈夫な木葉に育ち、初夏にはたくさんの麦の実を付けることでしょう。
楽しみですね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ