秋の味覚・・・栗の渋皮煮

20171017a

今日は栗の渋皮煮を作ってみました (*^-^*)
栗はなるべく大きくて新鮮なものを使います。
少々時間はかかりますが、
毎年秋に一度は作ろうと思っている秋の味覚です。

栗と言えば、長野県では小布施の栗が有名ですが
昨年は「小布施堂の朱雀(すざく)」を食べに行ってきました。

小布施堂の朱雀は9月中旬~10月中旬の新栗が採れる
期間限定の栗菓子です。
蒸した栗を裏ごしして素麺より細い糸状に絞って
甘い栗アンの上に、フワッと乗せた栗そのものを味わえる
一品です。

その日も朝6時には安曇野を出ましたが
小布施堂本店前には、なんと、すでに、100名程の
整理券を求める人の行列が・・・・
列の先頭の方に聞きますと、静岡県より朱雀を食べるために
車中泊をして朝5時から並んだそうです ”(-“”-)”

本宅の風情のある建屋の中には、栗の香りが漂い
手入れのされた中庭を見ながら静かに時間が流れ
待つこと数分・・・
お膳の上には温かな、ほうじ茶と朱雀。
惜しげもなくこんもりと盛られた栗の旨味は格別なものでした。

秋は美味しいものがたくさんで、幸せですね( ◠‿◠ )

秋の味覚・・・雑キノコ

20171011

ここ数日、日中の暑さは夏のようです。
また今週末からお天気は下り坂?になりそうですが・・・
青く晴れた秋空を見上げると、高い山々の頂上付近は
紅葉が始まり、少しずつ色を付けてきました。

先日「体育の日」には知人が燕岳に
日帰りで登ってきたそうです。
夏の山も良いけど、秋山は色づき始めのコントラストと
晴れた空の青色がイイね!
と話してくれました。

味覚の秋と言われるとおり
安曇野の物産センターには色とりどりの果物が並び
この季節、数週間しかお目にかかれない
雑キノコが今年も並んでいました。

3種類ほどのキノコを買い求め
ナスと里芋を一緒に入れて
キノコ汁にして頂きました。
秋を感じる食卓に感謝です (*^-^*)

キノコと一緒に写っているのは”ポポー”という木の実です。
真ん中に種があって甘くて美味しいのです。
”アケビ”とは違いますが、珍しいので載せてみました!

秋の味覚・・・栗ご飯

20170919

台風の去った今日の安曇野はすっかり秋晴れのお天気に
恵まれました。
とは言え、朝夕の冷え込みは流石に信州らしく
暖房をつけるにはまだ早いかと
毛布に包まってぬくもりを感じているここ数日です。

休日にはあちこちの‘新鮮市場’を巡るのが楽しみで
果物や野菜の秋の味覚が満載です。
数年前から野菜の種類の豊富さに感心していましたが
近年、ブドウの品種の多さにも驚いてしまいます。

食欲の秋!と言わんばかりに
店内いっぱいに並んだ実りの商品は、次々に訪れるお客様で
見る見るなくなっていきました。

今日は栗の実を見つけたので
ホックホクの栗ご飯を作ってみました。

やっぱ秋ですね~(^_-)-☆

運動会

20170913

秋晴れの校庭に‘ピー’と響き渡る笛の音。
もうすぐ秋の運動会です。
子どもたちが真剣に組体操の練習をしていました。

笛の合図できびきびと動き
次々と形を変えて作りだされる人間ピラミッド。
学年全員が一つになって、呼吸を合わせて完成させる組体操は
毎年、見ている大人や低学年が最も感動する場面です。

何度も何度も練習し、今週末に控えた本番に備えています。
遠くからも、みんなの息遣いや緊張感が伝わってきて
思わず足が止まってしまいました。

運動会当日は秋晴れのもと
校庭に見事な‘絆’を描いてくれることでしょう(^_-)-☆
がんばれ~~~!

秋の気配・・・安曇野

20170901b

すっかり秋の気配の安曇野も、今日はすっきり晴れ渡り
青い空は高く、爽やかな風が心地よく吹いています。
台風の接近が気になりますが、今日の安曇野は穏やかですね。

気が付けば、稲の穂は黄色く色づき
しっかり首を垂れています。
黄色の田んぼの間に、白いジュータンが見えたので
近寄ってみると“そばの花”が一面に咲いていました。

白く小さなお花が可愛らしくて、ついつい見とれてしまいます。
来月には蕎麦の実がたくさん実って
収穫が終わると、安曇野のお蕎麦屋さんでは
いよいよ新そばが味わえますね。

またまた美味しいものがたくさんで、秋は楽しみです(^_-)-☆