レザークラフト

レザークラフト

身近なものを手作りの革製品で楽しみませんか。小物からバック、インテリア…と色々な手法で楽しく革の魅力を個性的に作るお手伝いをします。初心者の方大歓迎です。

レザークラフト

□ 講 座 名 / 日 時 / 受 講 料

レザークラフト
- 第2・4[木]/13:30-16:00
- 3ヶ月で¥9,720円

□ 講 師

伊藤 千代子
- 日本染色文化協会/レザークラフト講師一級

□ メッセージ

「皮」から「革」へ「手芸」から「工芸」へと革は人々の歴史と共に、古くはギリシャ・ローマ時代より生活必需品としての衣類・船舶・馬具・武具・本の装丁・楽器・・・と今日では家具やインテリアまで私達の生活に欠かせないものになっています。「甲」と「美」を兼ねた素晴らしい素材の物創りも年々多様化し、種類も豊富になり、創り手の心を通して色となり形となり、個性を出せる無限な魅力があるのも確かで非常に奥深いものです。革のもつ自然な温かさやしなやかさは使い込む程味が出て、手作りだと一層愛着も湧いてくるものです。若い男性のクラフトマンも増えています。教室では自由に作りたいものを小物からインテリアまで賑やかに楽しんでいます。触れて、削って、伸ばして、縮めて、固めて・・・誰にでも出来る作品作りを是非ご一緒しませんか。皆さんの作品は、親、兄弟、子供さん、お孫さん、親戚、友人、記念日のお祝い等々、嫁入り先も多く、行く先々の人の好みや喜んでもらえるだろう顔を想像しながら、製作したりもして、この心和む時間は、忙しすぎる現代社会の一隅でとても大切なひとときではないかと思われます。何事にも意欲的になれることは元気印のもとですね。旅行に手作りバックや財布を持って行ったら欲しがられたとか、ご主人のマレット用ウエストバックを作ってあげたら成績が上がったとか、内緒で誕生日プレゼント作りに励んでいたり、自分一人だけの趣味で終わってしまわない陰の見えないやさしさを感じたりもします。ー「世界にひとつだけのものはどんなに不出来であっても尊いもの」―。こんなことを大事に思いつつ楽しい仲間作りをモットーにしています。明るい仲間がおまちしております。お出掛け下さい。

photo_08  photo_09

サブコンテンツ

このページの先頭へ